5月29日

仕事の日 ¥120-(缶コーヒー) ¥210-(レッドブル) ¥590-(カード)昼食 ¥500-(夜に外食) ¥190-(交通費) ¥260-(ビール) 現金:¥780- カード:¥590-

5月25日

休みの日。 あー。給料日。銀行行かなきゃ。販売士2級の本買わなきゃ。サンドイッチの具どうしようかな。 なんて、考えてたら、あっというまに14時。。。 とりあえず自転車で移動開始。 最寄り駅の本屋には、資格の本が無いので、仕方なく、2つ隣駅まで。 …

5月24日

仕事の日 カフェラテ薬局で:¥100- 昼食:¥730-(タリーズ) ビール:¥260- 現金:¥1,090-

5月23日

休みの日。11時30起床。。。 今日は、家で休もうと考えていたのでのんびりする。 午後は、地元のブックオフで本を18冊売る。 収入:¥675- クリエイト:¥265-(ポテチと飲み物) 現金¥410-

5月22日

仕事の日。 ミンティアアイスコーヒー:¥203- 昼:¥560-(タバコとアメリカンドック) 午後ティー:¥100- 帰り:¥407-(赤いきつねとビール) 現金:¥1,216-

5月22日

仕事の日。朝はmtg ミンティア:¥102- プロント:¥660- 胡麻担々麺:430- 缶ココア:¥150- 現金:¥1,342-

5月20日

グリーンルームの日 交通費:¥805- 12時からなので、朝、スーパー銭湯に行ってから! 銭湯:¥1,020- ricky-gに踊らされ、大橋トリオに癒され、suchmosに圧倒され、ハンバートハンバートに泣かされた。 greenroomは最高のフェスです。 チケット:¥12,000- 酒:¥…

5月19日

仕事の日 昼食¥1,020-(プロント) 機嫌がいいのか悪いのか。ご機嫌取りじゃねーのに。 明日は、グリーンルームじゃ! 楽しも!

5月18日

休みの日。11時起床。。。。 今日は、コーヒー屋にいかないといけない。 雨降ってるし。低気圧のせいか、頭痛が。。。。 やっとこさ、重い腰を起こして、13時に家を出る。 その前に、、、、、がっつりラーメンを食べたく、久々にラーメン二郎へ。 意外と…

5月17日

仕事の日。 出勤前に月1度のあれ。 もう無理かなあ。なんておもってしまう。自分のシャットダウンの仕方が半端じゃない。 と思ってた矢先、社長から、来月から指導する人かえるとのこと。お互いの為だと思う。 俺にも相手にも過ごしてきた環境が違いすぎる…

5月16日

仕事の日(中) 昼食:¥690-(カード) コーヒー:¥250-(×2) 今日は、店頭よりも業務中心の日。 中々、売り上げとれず最後はイライラしてしまった。 カード:¥690- 現金:¥250-

5月15日

仕事の日 ツナパン:¥108- 昼食:¥498- 中々、落ち着いて仕事ができた。 平日にしては、良い売り上げ。 現金¥:606-

5月14日

珍しく日曜日にお休み。。。用事も無く予定を作る気も無いので家でゴロゴロ。 そして、やっとランニングをする。(恐らく1年ぶり位、、、) 30分ほどですが、息が切れるし、足パンパン。 でも、やっぱり気持ちいいよね。けいぞくそたいなあ。。。

5月13日

9時30起床...大雨かー。昨日の頭痛の原因だったのかな。 この日は、ちょっと精神的に辛くて休憩を早めてもらう事にした。 昼食:¥700-(chilloutとパンX2) 何やかんや後半は粘って1時間ほどで、客数6の売上6万を稼ぐ。 晩酌:¥600-(ビールウィスキーポテチ)…

5月12日

仕事の日 起床10時。。。低血糖を本気で疑うわ,,,,, 自転車でも最寄り駅まで。 タバコフリスクライター:¥700- 連休明けで比較的気分も良さげだったのですが、、、店頭に経った瞬間 憂鬱憂鬱憂鬱憂鬱,,,,,,,,,,,,,,,,降られに降られ当然、接客なんて出来ま…

5月11日

11時30起床。。。クズすぎる。。。 とりあえず、海見に行きたいから準備して着替えて、さあ行こう!と家を出る直前になぜかいいや。。。(お金使い過ぎかな?)となり、普通に家の近くのスーパーに買い物へ。 職場に持っていくスープと昼食を買いに 食費:¥90…

カフェソサエティ

連休でしたので、レイトショーで見に行って参りました。 ウディアレン監督の映画です。 時代は、1930年代のハリウッドとNYでの物語です。 最初は、少しグダグダしますが(ウディアレン映画にありがちな,,,,) 後半の盛り上がりには、かなり吸い込まれました…

追憶

5月6日より公開の「追憶」を見に行って参りました。 思えば、去年の7、8月頃から予告をやっていてその時から気になっていました。(もうそんなに月日が経ったのか,,,,,) 内容は明るい話ではないですが、心を動かされるものはありました。 岡田准一と柄…